2010年03月05日

元保育所経営者を書類送検 生後5カ月の女児うつぶせで死亡(産経新聞)

 東京都足立区の無認可保育所「ちいろば」(廃業)で平成17年10月、生後5カ月の女児が死亡した事件で、警視庁捜査1課と綾瀬署は3日、うつぶせに寝かせたまま放置し女児を死亡させたとして、業務上過失致死の疑いで、当時の女性経営者(47)を書類送検した。捜査1課によると、女性経営者は「監督、監視を怠った私に責任がある」と容疑を認めている。

 捜査1課の調べでは、同区大谷田のマンションにある同施設で同年10月21日午後2時ごろから約2時間にわたり、近くに住む桑原くるみちゃんが、マットの上でうつぶせに寝かされ死亡した。吐いたミルクなどを気管に詰まらせており、死因は窒息死だった。

 女性経営者はくるみちゃんの泣き声に気づいていたが、隣の部屋でパソコンの操作に熱中し、くるみちゃんを放置して死亡させた疑いが持たれている。

 女性経営者は当時、部屋のふすまを閉めており、「たばこの煙が行かないようにするために閉めた」と供述している。女は保育士の資格を持っていなかった。

 くるみちゃんの母親(37)は「一歩前進したが、まだ送検の段階。くるみは殺されたのと同じと思っているので、(刑事)処分が出なければ気持ちは落ち着かない」と話している。

【関連記事】
保育園児死亡で賠償命令 さいたま地裁
認可保育所の死亡事故急増 「規制緩和、慎重に」子供の遺族ら悲痛な思い
両親不在の間に…水戸の2児死亡火災
都賀川増水事故から1年、近くの公園で慰霊式典 神戸
死亡の聖香さん、将来の夢は「ケーキ屋さん」

リニア計画、交通政策審に諮問=国交相(時事通信)
官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定(産経新聞)
女性殺害、当初は「病死」=報告に疑問、司法解剖で判明−茨城県警(時事通信)
2カ月の次男に重傷負わせ逮捕=「泣きやまず腹立った」−埼玉県警(時事通信)
<万引き>徳島商サッカー部員十数人 サッカーシューズなど(毎日新聞)
posted by ヒゴ クニオ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

5歳長男を餓死、「愛情わかなかった」夫婦逮捕(読売新聞)

 5歳の長男に約2か月にわたって十分な食事を与えず餓死させたとして、奈良県警は3日、父親で、同県桜井市粟殿(おおどの)、会社員吉田博(35)と、母親のパート店員真朱(まみ)(26)の両容疑者を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。

 2人は県警の調べに対し、「愛情がわかなかった」と話し、容疑を認めているという。亡くなった長男の智樹ちゃんの体重は5歳児平均の約3分の1で、1歳児を下回る約6・2キロ、身長も平均よりも25センチ低い2歳児程度の85センチだった。県警は長期の育児放棄によって、智樹ちゃんが死亡したとみて、司法解剖をするなどして詳しく死因を調べる。

 発表によると、2人は今年1月頃から、智樹ちゃんに朝に1回、わずかな食事や水を与える程度で、衰弱した智樹ちゃんに治療なども受けさせずに放置するなどして、死亡させた疑い。智樹ちゃんはこの1週間はまったく食事をとっておらず、寝たきりで、紙おむつをしていた。体には目立った外傷などはなかったが、筋肉はほとんどなく、「骨と皮の状態」(捜査関係者)だったという。

 捜査関係者によると、智樹ちゃんは保育園などには通っておらず、1年近く、自宅に閉じこめられた状態だったとみられる。

 県などによると、3日午前11時頃、真朱容疑者から、県中央こども家庭相談センター(奈良市)に、「子どもがぐったりしている。虐待をした」と電話があった。センター職員が救急車を呼ぶよう指示し、県から通報を受けた桜井市の職員が自宅に向かい、智樹ちゃんと妹(3)を保護した。智樹ちゃんは県立医大病院(同県橿原市)に搬送されたが、飢餓による衰弱が激しく、同日午後5時20分、急性心不全で亡くなった。病院によると、すでに手の施しようがない状態だったという。

 妹は同センターに保護されたが、体調に問題はない。

 智樹ちゃんは両親と妹の4人家族で、JR桜井駅の北約1キロの住宅街にあるアパート2階で暮らしていた。

 県と桜井市は今回のケースを把握していなかった。

全日本学生児童発明くふう展 表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
郵政民営化で解雇不当訴訟の請求棄却 大阪地裁(産経新聞)
太平洋沿岸の大津波警報、津波警報に切り替え(読売新聞)
機構発足で年金増額ケース大幅減(産経新聞)
花咲港で建物に浸水=北海道根室市(時事通信)
posted by ヒゴ クニオ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

<年金保険料>救済効果1710万人 納付さかのぼり(毎日新聞)

 国民年金保険料をさかのぼって納付できる期間を現行の2年から10年に延長すると、年金額増額などのプラス効果が最大で1710万人に生じるとみられることが、厚生労働省の調査でわかった。うち最大40万人は無年金にならずにすむと推計される。同省は10年に延長する国民年金法改正案を今国会に提出する予定で、成立すれば対象者に個別に知らせることを検討する。

 今月上旬実施したサンプル調査の結果で、26日の衆院予算委員会で長妻昭厚労相が坂口力元厚労相(公明)の質問に答えた。

 調査では、65歳未満の公的年金加入者(7750万人)から623人を無作為抽出。うち、過去10年以内に国民年金に加入し、過去3〜10年間に未納歴があるために期間延長の対象になる137人について分析した。

 その結果▽70歳まで可能な保険料の延長払いをしても無年金になる見込みだった人で、年金を受け取れる人が最大40万人▽65歳以後も払い続けないと受給資格を得られなかった人で、追納すれば受給を早められる人が最大70万人▽もともと65歳までに受給資格を満たせるが、未納分を追納すれば年金を増額できる人が最大1600万人−−と推計された。

 65歳以上の現時点での無年金者の推計50万人についても、614人を抽出して分析。新制度を使えば、8000人が年金を受給できると推計された。【野倉恵】

【関連ニュース】
長妻厚労相:「貧困などでの損失」数字で 毎日新聞取材に
選挙:衆院選 審判を待つ候補者たち 東海 比例代表
くらしと政治:’09衆院選/4 年金・税
えびの市職員の不正操作:年金保険料不正、市職員に有罪−−宮崎地裁判決 /宮崎

08年の水害被害は1664億円=過去10年で最少−国交省(時事通信)
チリ巨大地震 津波の規模「一番大きくなること想定」 気象庁(産経新聞)
政府、天皇の公的行為で「統一的ルール設けない」 自共は反発(産経新聞)
会社役員、巨額脱税を一部否認 大阪地裁(産経新聞)
久保棋王の勝利で1勝1敗(産経新聞)
posted by ヒゴ クニオ at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。